講座等リニューアルのお知らせ

いつも子育てマイスター協会のウェブサイトをご利用いただきまして、ありがとうございます。

本日、2017年4月1日をもちまして、子育てマイスター協会は第3期を迎えました。

最近では各所から非常に大きく反響をいただき、公共機関、学校、塾、企業などからのお声がけもいただいております。また、各地域に多くのprofessionalマイスターが誕生し、全国各地で講義が開催されるようになってまいりました。

より多くの方に『夢と自己肯定感』のワクワクを届けられるべく、講座内容の改定、また講師professional子育てマイスターの継続的な能力向上を図るため、育成制度を充実。 新たな講義の開設やワークショップの充実をはかり、本日2017年4月1日、大幅リニューアルをいたしましたことをお知らせいたします。

 

リニューアルの内容
・講座内容の充実化(ワークの充実化を図り講義時間を変更。それに伴う価格変更)
・講座体系の変更、新講座の設定(それに伴う名称の変更)
・講師professional子育てマイスター育成制度の導入 (それに伴う講師Professional 子育てマイスターランク制度の導入)
・再受講制度の設定
・夫婦受講割引の設定

※講座名称の変更に伴い、旧講座内容は下記にて該当することをご確認ください。
旧スタートアップ講座→【ステージ1講座】
旧ベーシック1講座     →【ステージ2講座】
旧ベーシック2講座     →【ステージ3講座】
※オープン講座は新設

詳しい講座内容につきましては、以下のリンク先をご覧ください。
【受講内容について】
http://e-kosodate.org/course/
【講師:子育てマイスター資格取得について】
http://e-kosodate.org/course/

【講座スケジュール】
http://e-kosodate.org/seminar/
※ゴールデンウィーク休業(4/29~5/7)のため申込締切が早くなる講座があります。ご注意ください。

※Professinal子育てマイスター養成講座の〈Professinal子育てマイスター講師個別セッション〉および〈認定試験〉の日時につきましては、個別にご相談させていただきます。お問合せ下さい。

 

当協会は、皆様により一層のご満足をいただけるよう、引き続き尽力してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

2017年4月1日
一般社団法人 子育てマイスター協会

代表理事の異動(新任)に関するお知らせ

一般社団法人 子育てマイスター協会(以下「子育てマイスター協会」、東京都千代田区 代表理事:石川幸夫、蔵元二郎)は、2017年3月14日開催の理事会において、下記の通り「2017年4月1日付、代表理事の異動」を決定しましたのでお知らせいたします。

氏名 新役職 旧役職
さとうりさ (共同)代表理事 教務・育成担当 理事

 

これにより、2017年4月1日付けの理事一覧は以下の通りとなります。

氏名 役職
石川幸夫 (共同)代表理事 監修・広報担当
蔵元二郎 (共同)代表理事 経営・企画担当
さとうりさ (共同)代表理事 教務・育成担当
山本直人 理事
西田祥 理事
otete

年末のご挨拶と年末年始営業のご案内

2016年も残すところあとわずかになりました。

本年も皆様から格別のご愛顧を賜り、協会本部一同心より御礼申し上げます。

来年も、より充実したコンテンツをお届けできるよう努めて参ります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、当協会本部および事務局の年末年始営業についてご案内申し上げます。

■ 年末の最終営業日
2016年12月22日(木)17:00まで

■ 年始年末休業期間
2016年12月23日(金)から2017年1月3日(火)
(この期間は講座もお休みになります)

2017年1月4日(水)10:00より、通常どおり営業いたします。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願いいたします。

2016年12月吉日

一般社団法人 子育てマイスター協会本部・事務局

開催報告:明治安田生命様にて企業様向け講座を開催しました

2016年9月14日(水)、明治安田生命保険相互会社様にて、子育てマイスター・特別出張講座を開催しました。

img_2755

『ビジネスパーソンのための子育て応援セミナー』と題して、ランチタイムでの開催となりました。普段、子どもとじっくり向き合いたいと思いながらも、忙しくて時間がなかなか取れないと感じているワーママ、イクメンの皆様に向けて、親子のコミュニケーションや自己肯定感についてお話しさせて頂きました。

また、現在の教育問題について触れ、2020年の大学入試改革に向け、小中高の学習カリキュラムが大幅に変更され、既に取り組みが進んでいることをご説明しました。「教育の2020年問題」という言葉は何となく聞いたことがあっても、全容はよく知らなかった、という方が大半を占めていたようでした。

img_2753

講師(さとうりさ)が、大企業の人事部、および人事コンサルティングの経験をもとに、社会に出て求められるコンピテンシーを高めるために、幼少期から親がどう関わっていくかについてお話ししている時に、多くの方がうなずいていらっしゃるのが印象的でした。いわゆる子育てセミナーでは聞けない、ビジネスパーソン向けの内容が大変好評でした。

※子育てマイスター協会で通常開催しているスタートアップ講座とベーシック講座より、最も重要な部分だけを抜粋し、1時間に凝縮した特別バージョンです。

img_2765

今回は、明治安田生命保険様の人事部ダイバーシティ推進室、および、社内で独自に取り組まれている「丸の内イクメン部」と「丸の内ワーママ部」のご協力を頂きました。

「丸の内イクメン部」とは・・・
2014年6月に、明治安田生命保険(相) 企画部有志にて発足。
「お母さんに自由な時間を」を合言葉に、父親と子どもで参加できるイベントを定期開催。
「父子料理教室」や「高尾山ハイキング」、東京家政大学のキャンパスで行ったレクリエーションイベント「丸の内イクメン部フェスティバル」などに、会社の垣根を越え延べ60社500人以上の方が参加。 2015年度からは、子供服メーカー ミキハウスとタッグを組み、丸の内にて、妊娠中の奥さまとご主人を対象にした「プレママ・プレパパセミナー」を継続開催中。

「丸の内ワーママ部」とは・・・
2016年7月に、明治安田生命保険(相) 人事部有志にて発足。
共働き世帯の多い「丸の内」において、産育休前や復職後だけでなく、「イヤイヤ期の壁」「小1の壁」などを乗り越えながら頑張るワーママを応援したいという想いから、イベントやセミナーなどの開催、丸の内で働くワーママ同士の企業の垣根を越えたネットワークづくりを進めていく予定。

===== ご参加者の声(開催後アンケートより)=====

とても楽しく聞かせて頂きました。
まだ子どもが小さいので、普段はどうしても親の価値観を押しつけてしまいがちですが、今後の成長のためにも自分で考える機会を作っていけるよう意識していきたいと思います。

会社で必要とされる能力と、学校での学びとで、いかにギャップが大きいかに気づかされた。

社会に出てすぐ役立つ教育にシフトすればするほど、両親の教育の比重・重要性が高まると思います。

たくさん学ばせて頂きました。身につまされることが多かったです。
「ほめる」と「おだてる」のお話が印象的でした。引き続き学びたいと思います。

普段は忙しくて、子育てに関する本や情報に触れる機会が限られてしまう中で、このような講座を受講できる大変良い機会だったと思う。こういうジレンマは多くのワーママが抱えていると思うので、また開催して欲しい。

小5の子どもが中学受験を予定しているので、教育の方向性などとても参考になりました。思考力を意識して、毎日子どもと接したいと思います。
===================

子育てマイスター協会は、子育て中のお母さん・お父さんを対象に講座を開催しております。(これからお母さん・お父さんになる予定の方、も歓迎です)
今回のように、企業様向けにも特別講座をご用意しておりますので、社員への福利厚生などに是非ご活用ください。
ご要望・ご不明点などございましたら、以下までお気軽にお問い合わせくださいませ。

◼︎協会サイト http://e-kosodate.org/
◼︎お問い合わせ先 info@e-kosodate.org | 03-3556-3436

(文責:木口)

【講師 さとうりさ】
子育てマイスター協会 理事
慶應義塾大学総合政策学部卒。大手電機系企業人事部にてキャリアデザインプログラム設計、外資系人事コンサルティング会社にて人事評価・コンピテンシー研究に従事。2000年、HappyFood設立。飲食店立ち上げ及び商品開発・研修を実施。Creative食育研究所設立。エデュケーショナルマガジン『SCHOOL』副編集長。

【子育てマイスター協会】
子育てマイスター協会は、日本一のヘッドハンターであるBNGグループ代表の蔵元二郎と、幼児教育の第一人者である石川教育研究所代表の石川幸夫により2015年に設立。
石川の40年におよぶ幼児教育研究と現場から得た経験を結集し、蔵元とともに実践的な子育てメソッドを共同開発。幼児教育とビジネス視点の両方からのアプローチを特長としている。

13199414_1159855997392290_346566560_o-1

パブリシティ:代表理事・蔵元が『Oton+to(オトント) 父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。』に掲載されました。

代表理事の蔵元が『Oton+to(オトント) 父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。』の特別掲載企画 「”オトン”なビジネスマンインタビュー」にて紹介されました。

蔵元流お父さんスタイル、必見です!

 

特別掲載企画 ”オトン”なビジネスマンインタビュー Vol.05 BNGグループ 蔵元二郎
「娘とは恋人のような関係でいたいんです。」

 

Oton+to(オトント) とは?

 

Oton+to(オトント) ホームページ

 

 

 

開催報告:ライフネット生命様にて企業様向け講座を開催しました

2016年7月28日(木)、ライフネット生命様にて、子育てマイスター・特別出張講座を開催しました。

lifenet_pic1

ランチ時間を利用して、お弁当を食べながらの和気あいあいとした雰囲気の中、開講しました。時事トピック(いわゆる「教育の2020年問題」)に始まり、親自身の価値観を認識すること、毎日の子育てで実践できるヒントなど、内容は多岐に渡ります。
※子育てマイスター協会で通常開催しているスタートアップ講座とベーシック講座より、最も重要な部分だけを抜粋し、1時間に凝縮した特別バージョンです。

lifenet_pic2

参加者のお子さんの年齢は生後6ヶ月~小学生と幅広く、育休から復帰したばかりの女性、子どもはこれからという若手社員の方々もいらっしゃいました。今回、参加者の約7割が男性。教育に対して関心が高く、子育てにも積極的に取り組んでいるお父さん方が多く、楽しく活発なグループワークが印象的でした。

lifenet_pic3

開催後、人事総務部長の佐藤様より以下のお言葉も頂きました。

「業務から少し離れて、職場のメンバーと一緒に子育てについて考える機会というのは、なかなかいいなと改めて感じました。ライフネット生命では、子育て中の社員同士が、使わなくなったおもちゃや子供服を交換する会を不定期に開いたりしています。今回の講座をきっかけに、子育て部をまた盛り上げて行こうと思います。」

===== 参加者の声(開催後アンケートより)=====

自分の価値観を子どもに押しつけたくないと頭では思っているものの、日常では“ああしなさい”“こうした方がいい”という接し方が多くなってしまっていることを改めて反省しました。自分も不完全であることを認めた上で、親子で学び合っていけたらと思います。

教育の2020年問題、ゆとり教育の背景などは知りませんでした。
国の制度が悪いと決めつけるのではなく、これからは親の教育責任が問われるのではと感じました。もっと主体的に育てる責任がある、と。

ワークを通して、自分の子どもの教育の理想と現実が離れてしまっていると知りました。反省して、明日から実践していきたいと思います。子どもが4歳のタイミングで気づけてとても良かったです。ありがとうございます。

(親が意見を言う前に)質問を投げて、まず子ども本人の意見を引き出すのが重要だと思いました。ふと考えると、これは子育てだけではなく、パートナーや会社の同僚との関係においても必要なものですね。

===================

子育てマイスター協会は、子育て中のお母さん・お父さんを対象に講座を開催しております。(これからお母さん・お父さんになる予定の方、も歓迎です) 今回のように、企業様向けにも特別講座をご用意しておりますので、社員への福利厚生などに是非ご活用ください。
ご要望・ご不明点などございましたら、以下までお気軽にお問い合わせくださいませ。

(文責:木口)

【講師 さとうりさ】
子育てマイスター協会 理事。
慶應義塾大学総合政策学部卒。大手電機系企業人事部にてキャリアデザインプログラム設計、外資系人事コンサルティング会社にて人事評価・コンピテンシー研究に従事。2000年、HappyFood設立。飲食店立ち上げ及び商品開発・研修を実施。Creative食育研究所設立。エデュケーショナルマガジン『SCHOOL』副編集長。

【子育てマイスター協会】
子育てマイスター協会は、日本一のヘッドハンターであるBNGグループ代表の蔵元二郎と、幼児教育の第一人者である石川教育研究所代表の石川幸夫により2015年に設立。
石川の40年におよぶ幼児教育研究と現場から得た経験を結集し、蔵元とともに実践的な子育てメソッドを共同開発。幼児教育とビジネス視点の両方からのアプローチを特長としている。
協会サイト http://e-kosodate.org/
お問い合わせ先 info@e-kosodate.org   03-3556-3436