0歳からのキャリア教育~もう一つのぢろぐ

このブログは、子育てマイスター協会 代表理事であり、日本一のヘッドハンターでもある蔵元二郎の「社会で活躍できる子育て」を追求するプロっぽいオピニオンと、散りゆく毛髪を自虐するブログです。

ウチの子はゲームばかりして・・・と嘆いている親に言った衝撃の一言

time 2016/11/10

ウチの子はゲームばかりして・・・と嘆いている親に言った衝撃の一言

ちょっと前の話だけど、こんな事があった。

あるお母さんが悩んでました。

 

ウチの子はゲームばかりして、勉強も部活も、まったくヤル気を出してくれない

 

そのお母さんは、子供に勉強をさせようとしても、部活をさせようとしても、なかなか子供が意欲的に取り組んでくれなかったようです。

どんなに言って聞かせても、親の目を盗んでゲームをしたりする子どもに、いつも怒ってばかりだと話していました。

 

 

数名でその話をしていたのですが、その中に偶然にもゲームプロデューサー(ゲームを作る側の人)の人が居ました。

しばらく話をした後に、そのゲームプロデューサーの人は、こう言い聞かせてくれました。

 

私はゲームを作る側の人間です。

ゲームを作る側の人間として、事実だけを申し上げさせていただきます。

今から言うことは、決して貴方を批判しているのではなく、事実として受け止めてください。

私たちゲームを作る側の人間は、ユーザーがどうやったらやる気を持ち、満たされるかを必死で考えています。

「ゲームをやりなさい!」だけでやってくれたら簡単なのですが、それでは熱中してくれないので心理学を学んだり、徹夜で議論をしたり、何度もトライ&エラーを繰り返して、ABテストをして、それでユーザーが夢中になるゲームを作ってます。

なので、「勉強をしなさい!」だけでは子供が熱中しないことを知っています。

だからこうやって、子育てマイスター協会で真剣に学びたいと思っているのです。

 

 

すごく穏やかにお話をされてましたが、とても真剣に学ばれる方でした。

僕も子供に対して、「ゲームばかりするな!」みたいな事を言ってしまうこともありますが、それは自分の学びと努力が少ない証拠なんだなと反省しました。

 

同じような悩みを持つママ・パパは少なくないとは思います。

子供のやる気や自己肯定感は、どのように形成されるのか?

まずは親が夢を持ち、夢に進む姿を見せること。

次に、子供の自己肯定感を高める考え方を身に着けることが大事です。

ぜひ一緒に子育てマイスターを学んで、子供のやる気を育てていきましょう!

 

子育てマイスター協会 公式ホームページ

 

 

down

コメントする




プロフェッショナル論

プロフィール

蔵元二郎

蔵元二郎

エグゼクティブサーチ、採用コンサルティング、M&Aコンサルティングなどグループ7社を経営するBNGグループの最高経営責任者。日本を代表するヘッドハンターのひとり、2012年ヘッドハンターサミット最優秀賞受賞など多数。著書に「仕事論-出来ない理由に興味はない」など。人材育成の立場から子育てマイスター協会を設立、代表理事に就任。3児の父。あと数年でハゲる予定。