0歳からのキャリア教育~もう一つのぢろぐ

このブログは、子育てマイスター協会 代表理事であり、日本一のヘッドハンターでもある蔵元二郎の「社会で活躍できる子育て」を追求するプロっぽいオピニオンと、散りゆく毛髪を自虐するブログです。

くっくま訪問記:恵まれている日本人、大丈夫か?

time 2016/07/25

くっくま訪問記:恵まれている日本人、大丈夫か?

ぢろぐの方にもアップしましたが、今年もくっくま(BNGグループで支援しているカンボジアの孤児院)にいってきました。

 

 

おおむねぢろぐに記載しているのですが、ちょっと違う視点でエントリします。

今回は、大きい子組が事務所(孤児院と隣接)でPCトレーニングをしているのを視察+アドバイスもしてきました。子供らしい遊び心いっぱいのプレゼンテーションやドキュメントを見せてもらいましたが・・・・ふと思ったのですが。

 

この子たちって、最低2か国語(クメール語と日本語)は出来て、ほとんど全員が3か国語(英語)を習得中で、PCスキルは日本の20代半ばくらいのものを持っている。

そして何より、夢がある。

 

 

 

 

あれ?

恵まれている日本人、大丈夫か?と思いました。

 

 

 

もちろん単純には比べられない教養や人格があるのですが、少なくとも表面的スキルでは新興国の孤児院の子のほうが進んでいる。しかも楽しみながら(苦しんでいる子もたくさんいるw)学んでいる。

 

 

これはこれで考えさせられるなーと。

3年前に10歳の次女を連れてきたけど、そういうの何か感じ取ってくれてるかなぁ?

 

 

くっくまドネーションプロジェクトも、メンバーを連れていくだけでなく、意欲ある子どもたちも連れて行って一緒に刺激を受けるプログラムにしても良いなと思ったりしました。

来年は一般公募もしてみようかな?

down

コメントする




プロフェッショナル論

プロフィール

蔵元二郎

蔵元二郎

エグゼクティブサーチ、採用コンサルティング、M&Aコンサルティングなどグループ7社を経営するBNGグループの最高経営責任者。日本を代表するヘッドハンターのひとり、2012年ヘッドハンターサミット最優秀賞受賞など多数。著書に「仕事論-出来ない理由に興味はない」など。人材育成の立場から子育てマイスター協会を設立、代表理事に就任。3児の父。あと数年でハゲる予定。