0歳からのキャリア教育~もう一つのぢろぐ

このブログは、子育てマイスター協会 代表理事であり、日本一のヘッドハンターでもある蔵元二郎の「社会で活躍できる子育て」を追求するプロっぽいオピニオンと、散りゆく毛髪を自虐するブログです。

子供と旅行を満喫しつつも、仕事を捗らせる方法と出会いました

time 2016/09/17

子供と旅行を満喫しつつも、仕事を捗らせる方法と出会いました

8月上旬に遡る話ですが、長女と二人でパタヤ(タイ王国)にいってきました。

今回もスケジュール的にはかなり無理をしたのですが、過去の反省も踏まえて、長女の可能なスケジュールで強行しました。きっとお互いのスケジュールが許すのを待てば5年に1度くらいしか行けないので。

過去blog:僕と同じ轍を踏まないで欲しい~子どもの方が忙しくなる前に

 

 

BNGグループは8月決算ということもあり、僕としては6月~10月は一年で最も忙しい時期。

新年度の予算や組織体制、基本戦略・個別戦略などを、徹底的に過去分析や類似調査して考えないといけない。なので、日中はたっぷり遊んで、夜中や早朝にガッツリPCと向き合わないといけないなーと思ってたのですが、意外な方法で助けられたので、世のお父さん・お母さんに共有しておきます。

 

 

今回の旅行、(想定外だったのですが)ある方法で、長女も大満足しながら、仕事も捗るという方法に出会えました。

 

 

 

 

それが、これ。

スキューバーダイビングに初挑戦

 

そう、スキューバーダイビングです。

今回は5日の旅行で、実質滞在は3日間、初日と2日目で各2本ずつのダイビングをしました。僕はライセンスを持っていますが、長女は初体験です。

で、どうしてスキューバーダイビングをすることで仕事が捗ったかというと、タンクを背負って、水圧の中で・・・・というのは、大人の僕にとっては殆ど体力を奪われないことなのですが、14歳の長女にとっては体力を使う行為だったということです。

 

具体的には、長女は7時に起きて8時にホテルピックアップ、2ダイブを終えてホテルに戻るのは14時前後、シャワーを浴びたりして15時から仮眠、18時に起きて食事に行き、22時ころに就寝。

大人の僕としては仮眠も早寝の必要もないので、5~7時/15~18時/22~24時と、合計すると7時間も確保できる。休暇をとったのに60%くらいはワーク出来たと実感しています。

 

もちろん長女との休暇もがっつりエンジョイさせてもらいました。
(下の写真はマイブームの「未成年の娘に酒を持たせて撮影する」の図)

未成年の娘に酒を持たせて撮影する

 

この歳で、このテーマで(主にジャニーズネタだけどw)、ゆっくりと話せるのは二度とない機会。本当に貴重な時間を過ごさせてもらいました。来年も、これからも、そんな時間が過ごせるようにパパ、お仕事頑張るね。

 

 

down

コメントする




プロフェッショナル論

プロフィール

蔵元二郎

蔵元二郎

エグゼクティブサーチ、採用コンサルティング、M&Aコンサルティングなどグループ7社を経営するBNGグループの最高経営責任者。日本を代表するヘッドハンターのひとり、2012年ヘッドハンターサミット最優秀賞受賞など多数。著書に「仕事論-出来ない理由に興味はない」など。人材育成の立場から子育てマイスター協会を設立、代表理事に就任。3児の父。あと数年でハゲる予定。